コンテンツSEOはなぜ必要なのか?

SEOはなぜ必要なのか?

インターネットの大多数のユーザーが検索エンジンを介して、自分に必要な情報を得ています。インターネットユーザーの情報取得の手段である検索エンジンに評価してもらうことは自サイトに様々利点をもたらします。自サイトのSEOによる検索結果が良いほどユーザーのアクセスが増加し、集客率が上がります。

その集客の中で自サイトのサービスや商品に強い関心を寄せるユーザーが多く出てくれる可能性があり、結果的に売り上げに繋がりやすいのです。また検索結果で上位表示されるとユーザーは検索した業界や分野の代表的なものであると認識し、信頼性を高めます。

これによって多くのユーザーに対してブランド力をアップさせることができます。SEOではその表示やクリックによって費用が発生しないことも魅力的です。このようにSEOはとても有益なものですので、やはりサイトを運営している人や企業にとって必要不可欠なものです。

サイトの見栄えやデザインに力を入れるよりもSEO対策に力を注いだ方がいいです。いくら見栄えが良くても検索結果で上位表示を確保できなければユーザーの目にほとんど触れない可能性が高いです。逆に見栄えが悪くても検索結果で上位表示されるサイトは多くのユーザーを誘導でき、売り上げも期待できるのです。

 

SEOをしっかりやると儲かる

自サイトがなかなか儲からないという話をよく耳にします。原因は色々あるでしょうが、SEOをしっかりやると儲かります。SEO対策を行って自サイトの質を上げれば、検索エンジンに高く評価してもらい、検索結果で自サイトが上位表示されるようになります。

その結果、見込み客の目に入りやすくなり、自サイトがクリックされ、コンテンツが見込み客に触れわたることで売り上げが伸びる可能性が高いです。ユーザーをうまく誘導してクリックされても売り上げまでいかなかったというケースも少なくありません。これはサイトの出来によるものです。デザインやコンテンツの質、画像など様々な要素が関係しており、ユーザーに気に行ってもらえるために工夫がどうしても必要です。

ですからサイトの開設をより良いものにするように努力した方が良いです。SEOで上位表示を確保したのに売り上げに繋げられないのはとても悔しいところです。SEOでしっかり儲かる方法をまとめて言うとならば、SEOの内部施策と外部施策を行い、検索結果で上位表示を確保する。それと同時にサイトの設計やデザインをユーザーが好む形にして、売り上げに繋がりやすい仕掛けをすることです。

 

SEOをやるときに検索順位の1-10位まではチェックしよう

SEO対策をやる時に検索順位の1-10位までは必ずチェックすることが重要になって来ます。

検索エンジンプログラムがコンスタントにアップデートされたりライバルのサイトがSEO対策を強めたりするので、検索順位は日々変動します。その変動を確認して、自サイトが行っているSEO対策の効果を見ることで、次にどのような対策を取るかを判断できます。

検索順位の1-10位に表示されているサイトを訪問してみたり調査してみたりして自サイトの運営に生かすことで、自サイトの順位を上げられます。検索順位の1-10位に自サイトの狙っているキーワードが入っているかどうかもしっかりと確認する必要があります。また狙っているキーワードの検索キーワードボリュームが多いか少ないかをチェックすれば適切なキーワードを考えるのに役に立ちます。

検索ボリュームが多いキーワードであれば検索結果で順位がなかなか上がらないし、逆に少なすぎると全く検索されない可能性が高いです。以上のように、SEOをやる時に検索キーワードボリュームと検索順位の1-10位までをチェックし、自サイトの検索順位を上げるようなSEO対策を行いましょう。

 

コンテンツSEOと外部SEOで最強の集客を実感しよう

最強の集客を実感するためにはコンテンツSEOと外部SEOをしっかり行うことが必要です。

コンテンツSEOとは良質のコンテンツを作成し、サイトに継続的に追加することで検索エンジンに高く評価してもらい、集客率を上げる施策のことです。

オリジナリティが高いコンテンツは検索エンジンに最も好まれ、ユーザーにも魅力的に感じられるため大変重要な意味を持っています。このコンテンツSEOによって検索結果で上位表示されると多くのユーザーがサイトへクリックして来るような状態になり、集客率が上がります。それから、コンテンツSEOをやった上で外部SEOもやると最強の集客を実感できます。

外部SEOとは他のサイトから自サイトへの被リンクを多くする施策のことです。検索エンジンはその被リンクの質と数を評価するので、うまく実行できれば検索順位にとても良い影響を与えます。ここで、被リンクを多くしようと数ばかりを追い求めてしまわないように、その質にも気を付けることが大切です。自サイトのコンテンツに関連性の低いサイトや質の悪いサイトからの被リンクは逆に検索順位下げてしまう可能性があります。

 

SEOをしっかりやると儲かる

サイトを運営していて、儲かりたいと望んでいる人にはやはりSEOが最も重要なものです。

SEOとはSearch Engine Optimizationの略称です。日本語では検索エンジン最適化を指します。インターネットユーザーの大多数が情報を得るために検索エンジンにキーワードを入れて検索しています。

そして、その検索結果を基に各サイトに訪問し、必要な情報を探し求めています。検索結果で自サイトの順位が上がれば上がるほどユーザーがサイトを訪問する可能性が高まってきます。検索順位1-10位に入ることが望ましいです。検索順位1-10位は検索結果ページの第一ページに表示されるので、ユーザーが最も利用するページです。

ユーザーの多くがこのページ以降のページに移らないで、情報収集を終えてしまいます。ユーザーが自サイトを訪問してくれないと売り上げはやはり難しいでしょう。

多数のユーザーを獲得し、儲かりたいのであればSEO施策をしっかりやることが大切です。

費用対効果が高いのも魅力的な点です。SEOはコストが大幅に上がることがなく、コンバージョンが増え続け、売り上げをどんどん伸ばすことができるのです。SEOで検索順位が上がると自サイトに対する信頼度が高くなり、知名度も上がって来ます。ブレンド力も強くなりますので見込みユーザーに対して、アプローチが大きく、長期的に効果を発揮します。

SEOのメリットは数多くあります。SEOは実行した度に計測したり、評価したりすることができます。そして修正することもできるのです。ユーザーの傾向は時間とともに変化するのでその変化を敏感に感じ取って、SEOを適切に調節することが出来れば売り上げに繋がります。

SEOで最高の集客と売り上げを得るために実行したSEOを評価し、改善を行うことを継続的にやる必要があります。このようにSEOにはメリットがたくさんあり、しっかりやると必ず儲かります。それでは、SEOをしっかりやるためにどうすればいいのでしょうか。SEOには内部と外部SEOの2種類があります。この2種類の施策を両方適切に行うことが重要です。内部SEOとはサイト全体もしくはページごとに行う施策のことです。

具体的にはHTLM構造やキーワード出現率の最適化、内部リンクやコンテンツの充実など地道な施策であり、積み重ねて行うこと自サイトは検索エンジンが認識しやすい構造になります。内部施策を行うことで自サイトのページの階層が備えられ。URLが正規化されます。また自サイトのコンテンツの内容を詳細なオリジナルのものにしたり、信頼性があり、ユーザーにとって役に立つものにしたりします。HTLMを最適化し、シンプルなものにしたり、METAタグの最適化をしたりします。結果的に検索エンジンに好まれるサイトに作り上げるのに役立ちます。

内部SEOではタイトルタグが重要な意味を持っています。タイトルタグはユーザーが検索エンジンにキーワードを入れてサーチする際、その検索結果に表示されるものです。ユーザーの検索キーワードがタグの中に含まれていれば、ユーザーをサイトへ強く誘導することができます。

ですから、魅力的で目的にあったタイトルを入れることが必要です。内部SEOでは良質のコンテンツを作成し、サイトに継続的に追加することが最も効果的です。オリジナリティが高いコンテンツは検索エンジンに最も好まれ、ユーザーにも魅力的に感じられますので、集客率が高くなります。

外部SEOとは他のサイトから自サイトへの被リンクを多くする施策のことです。被リンクが多いほど検索エンジンに好まれ、検索順位が上がります。しかし、それらの被リンクの基になっている外部サイトが悪いサイトであったり関連性のないサイトであったりすると逆に評価が下がり、最悪の場合ペナルティを受けることもあります。検索エンジンでは人気度の高いサイトからリンクを貼り付けてもらっているサイトの方が人気度の低いサイトから貼り付けてもらっているサイトよりも評価度が上がります。

それから被リンクで自サイトの効果を早く出したいという人が自分で新しいサイトをいくつか立ち上げ、そこから効果出したい自サイトにリンクを貼るという方法を取っています。場合によっては効果が出たというケースもなくはないですが、基本的に検索エンジンは嫌がっていますのでこれからも期待できない方法です。

効果的な被リンクとはユーザーが自然に集まってくるようなリンクです。ユーザーを自サイトへ自然に誘導するにはやはりコンテンツの質を上げることが一番重要です。ユーザーが良い記事だと評価してくれれば自然とリンクがクリックされたり、参照されたりします。

そしてこのようなリンクは検索エンジンに良い影響を与え、確実に効果が上がります。ここで記述した内部SEOと外部SEOをしっかり行えば最高の集客率を獲得し、コンバージョン率を上げることで自サイトは儲かります。

 

➡ZERO式ランディングページ制作はこちら

コンテンツマーケティングの記事作成代行はこちら

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績