SEOの時によく聞く被リンクってなに?これを読めば被リンクのことがよくわかる!

被リンクってなに? 

images

被リンクとは外部施策の重要な要素であり、他のサイトから自サイトにリンクを貼り付けられることを指します。検索エンジンの評価に影響を与えますので、正しい使い方をすると便利なものです。

検索エンジンは外部から多くのリンクを受けているサイトを優秀なサイトと評価します。その理由は被リンクが多くなることによって、クローラーが頻繁にサイトを巡回し、サイト内の各ページのインデックスが促進しされるからです。

しかし、それら被リンクの基になっている外部サイトが悪いサイトであったり関連性のないサイトであったりすると逆に評価が下がり、最悪の場合ペナルティを受けることもあります。良質の被リンクを自サイトに集積する理想の方法はコンテンツの質を高め、勝手に被リンクが集まってくるようにすることです。

これには時間がかかりますが、確実に効果が出ます。被リンクで自サイトの効果を早く出したいという人が自分で新しいサイトをいくつか立ち上げ、そこから効果出したい自サイトにリンクを貼るという方法を取っています。

場合によっては効果が出たというケースもなくはないですが、基本的に検索エンジンは嫌がっていますのでこれからも期待できない方法です。

 

リンク集はスパム扱い? 

ダウンロード 

検索エンジンは多くのサイトからリンクを貼り付けてもらっているサイトを高く評価します。

また、人気度の高いサイトからリンクを貼り付けてもらっているサイトの方が人気度の低いサイトから貼り付けてもらっているサイトよりも評価が上がります。そのため、リンク集は重要なものになります。

しかし、リンク集はスパム扱いになってしまう場合もありますので注意が必要です。

スパム扱いになってしまっては今までのサイト運営は無意味です。具体的に被リンクが重要だと極端に追及して、リンク集の価値が低いページをたくさん立ち上げ、それらのページと他のページをリンクさせることで相互にリンクが貼り付けられているように見せつける方法で検索エンジンから高い評価を得ようとするのは、やはりドメインの価値を下げ、逆効果になりますので避けるべきです。

その理由は検索エンジンにとって被リンクの量よりもコンテンツの質が重視されているからです。またサイト同士がお互いにリンクを貼ることで知られている相互リンクですが、これのみを目的としてパートナーサイトを立ち上げることもスパム扱いになります。相互リンク集を作ったり、相互リンク無差別で募集したりするのはやめた方が良いです。

 

どのようなリンクがスパム扱いになるの? 

spam-email-620x250

スパム扱いになるリンクはいくつかの行為によります。

有料リンクの購入は危険度が大きく、Google検索エンジンは最も嫌います。自動的な相互リンク集プログラムが公開されてから相互リンクはスパム扱いになっています。多量のキーワードを無意味に記載していて、サイト主からそれらに関する言及がなされてなく、方向性がないブログリンクはやはり嫌われます。

また、ページのアンカーテキストにクリックが出来ない極小記号だけを入れることはスパム扱いにされる可能性が高いです。このようにサイト順位度を上げようとする不適切な行為はスパム扱いを招きます。自サイトがスパム扱いされてしまったら検索エンジンのガイドライン違反箇所がどこにあるかを検証し、修正します。修正作業で不安な点がある場合、ウェブマスターヘルプフォーラムを参照してください。

その後、再審査リクエストを送信します。もしガイドライン違反箇所がまだサイト内に含まれていればスパム解除はできないので注意が必要です。

自サイトのユーザコメント欄がコンテンツと全く関連性がない広告を多量に出稿されている場合が結構あります。コメントスパムされてしまってはサイトに悪い影響を与えますので定期的にチェックを行ってください。

 

効果的なリンクってどんなリンク?

12924451  

トップページからのリンクやページランクが高いサイトからのリンクが効果があると言われますが、意図的にサイトの検索結果の順位を上げるために操作しているリンクと見なされて、ペナルティを受ける可能性があります。

検索エンジンに好まれる効果的なリンクとはユーザーが自然に集まってくるようなリンクです。これを構築するためには地道な努力と時間が必要になります。ユーザーを自サイトへ自然に誘導するにはやはりコンテンツの質を上げることが一番重要です。ユーザーが良い記事だと評価してくれれば自然とリンクがクリックされたり、参照されたりします。

そしてこのようなリンクは検索エンジンに良い影響を与え、確実に効果が上がります。時間を費やして自サイトのコンテンツの質を上げているのにアンカーテキストに過剰なキーワードを載せてしまうことやリンクを貼り付ける自動化プログラムを自サイトへ用いることなどは避けましょう。

検索エンジンから低く評価されてしまい、今までの努力が台無しになりかねないです。ですから、このような怪しい行為を回避しつつ、継続的にコンテンツの質を上げ、他のサイトからのリンク貼り付けを多くしましょう。

 

➡ZERO式ランディングページ制作はこちら

コンテンツマーケティングの記事作成代行はこちら

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績