コンテンツSEOとは?

SEOとはなにか?

SEOとは「Search Engine Optimization」を日本語に翻訳すると「検索エンジン最適化」という言葉で、わかりやすく言うとインターネット環境において自社サイトや商品、サービスを検索エンジンで上位表示させることです。上位表示されると主に下記のようなメリットがあります。

  1. 普段より多くの人に閲覧してもらう。
  2. Webサイトへのアクセス数が増え、集客していくことを実感する。
  3. 検索結果で上位することでブランド化にもつながる。

現代SEOは企業にとってもお客様にとっても無くてはならに存在になっています。私自身も、通販や新規取引先を調査するときに必ずしも参考にするのはグーグルやヤフーでの検索上位表示、ホームページデザイン、運用管理などを簡単にチェックすることが多いです。
企業はSEO対策に力いれることで、ビジネスを成長させる大きな武器となるでしょう。
さらに、事業にかける広告費用を減らし、検索エンジンで閲覧している人々が満足できているかなどに常に意識していれば必ず成功につながるはずです。

SEOを上手く成功するために以下の4点に注意することをお勧めします。

  1. 検索に実施したいキーワード
  2. 検索結果の見出し構成
  3. わかりやすいコンテンツ作成
  4. FacebookやTwitterなどのSNSとの連携

 

コンテンツSEOとは?

コンテンツSEOを説明する前に元々コンテンツとは何かを考えてみよう!
コンテンツを簡単に言うと文字、音声、映像などを使用して表現されてものを意味します。そして、コンテンツSEOとは高品質なコンテンツを作成し、継続的にアレンジすることで検索エンジン上位表示で集客を増加させる対策です。今までチラシ広告、CMといった基準的な広告が普通でした。しかし、以外と集客させることが出来るのはコンテンツSEOです。なぜならば一回だけでコンテンツを作成すれば継続的に検索エンジンからサイトへの流入を倍以上に伸ばすことができます。

コンテンツさSEOが重要されるようになったのは、グーグルが2012年から検索結果ユーザに対して役にたたないサイトの評価を落とし、検索結果上位表示を下げます。主にコンテンツ品質が低い、広告が多くて読みにくいサイトなどが含まれています。いわゆる今後、企業がコンテンツ質を重要にすることが課題になるでしょう。

コンテンツSEOで順位を下げないためにはコンテンツ品質を高めることはもちろんですが、もっと重要のはコンテンツ内容に売り気を見せないこととユーザを満足させることが大切です。これができれば集客数を自然に増加して行きます。

 

コンテンツSEOのメリットとデメリット

企業が商品やサービスの売上を高めるためには多くの人にホームページやウエブサイトを閲覧してもらう必要があります。そこで、コンテンツSEO及びコンテンツマーケティングがなくてはならない存在となっています。
ここでコンテンツSEOのメリットとデメリットと何かを考えて見ましょう。
メリットとしては下記のことが考えられます。

  • 高品質でユーザが満足できるサイトを完成すれば検索エンジンから集客を増加し他社から差別化することが可能です。
  • 商品やサービスに関連するさまざまのキーワードをウエブサイトにセットすることで幅広く集客できること。
  • コンテンツにSNSに拡散することによって情報を流し多くの人をウエブサイトに集客できる。

デメリットとしては下記のことが考えられます。

  • コンテンツSEOは集客増加する見込みだけで、確実に何倍ユーザが増えますといった約束がないことがデメリットと思います。いわゆる正確な集客数を出すことが難しい。
  • コンテンツSEOでセットしたキーワードが短期期間で上位化するこは難しい
  • コンテンツSEOでアクセス数を高めることが簡単ですが、すぐに売上につながるとでもないです。SEOアクセス数の中で見込みユーザも存在するからです。

SEOとランディングページを掛け合わせるとより効果的です。

 

➡ZERO式ランディングページ制作はこちら

コンテンツマーケティングの記事作成代行はこちら

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績