あいまい検索

あいまい検索とは

ネットで何か用語を調べようとする際、検索エンジンを使い、検索ボックスに文字を入力しますが、人によって同じ言葉でも入力する文字が違うことがあります。
以前はこんな場合は、完全に一致したデータしか探し出すことができませんでしたが、その後、技術が発達し、入力された文字を含め、ある程度近い文字まで幅広く検索してくれる機能を持つようになりました。これを、あいまい検索といいます。
また、用語を調べようとしている人が、検索したい言葉をはっきり覚えていない場合にも、あいまい検索はサポートしてくれます。入力した文字に厳密に合致したページだけではなく、関連した類似のページもあわせて表示させてくれるため、うろ覚えであっても何とか目的のページにたどり着くことができるのです。

あいまい検索のお役立ち情報

あいまい検索の具体的な例をいくつか挙げてみましょう。
まず、英単語の大文字と小文字の違いを理解してくれます。「apple」と「APPLE」は同じリンゴという単語ですが、実際はどちらの表記も使われています。「apple」と入力して検索した場合、「apple」だけでなく「APPLE」も探してくれます。あるいは「aPPle」といったように、大文字と小文字が不規則に混じっている場合でも、探し出してくれるのです。
また、「APPLE」と「APPLE」、「123」と「123」のような、全角英数字と半角英数字の違いも理解してくれます。
日本語における微妙な表記の差についても、あいまい検索は威力を発揮します。
「テレホン」と「テレフォン」のようなカタカナ、「買取」と「買い取り」のような送り仮名の有る無しも理解してくれます。
さらに、「ファクス」と入力すると、「ファクシミリ」「FAX」も探し出してくれるのです。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績