アイサス(AISAS)理論

アイサス(AISAS)理論とは

アイサス(AISAS)理論は、マーケティングにおける消費行動のプロセスに関する仮説のひとつです。消費者の購買までの過程を注意、興味、検索、購買、情報共有の5つのプロセスから成り立つとして考案した理論です。インターネットが普及する前は消費者市場におけるマーケティングでは主にAIDMAの法則が使われていました。現在の状況から、eコマースなどにおける消費者のショッピング行動を表すものとして、使われるようになってきます。アイサス(AISAS)理論は広告やマーケティングの世界では、基本となっています。広告戦略を策定するする際に参考としているので知っておく必要があります。売上げが低迷している原因を特定するときに使われたり、その原因を改善し、売上げを向上させる戦略を決めるときに
も使われます。

アイサス(AISAS)理論のお役立ち情報

アイサス(AISAS)理論の具体的な使い方として、お客さまへのアプローチの仕方があります。購買行動は検索のときに大きく2つに分かれます。ひとつめは、目的とする商品、サービスを知らず、欲しいとも思っていないお客様です。よく経験するのは、何となくブログやフェイスブックを見ていたら、ふと興味がある情報にぶつかり、少しのぞいてみるかレベルのお客さまです。ふたつめは、今すぐに商品、サービスが必要で、積極的に情報を探している、お客様です。検索エンジンを使って、自分が欲しい商品、サービスをいろいろ検索し、購入する目的でサイトを検索して、訪れるスタイルです。アイサス(AISAS)理論から、ふらりと訪れるお客さんには、必要とする話題を豊富に提供し、内容を充実させ、購入意欲を促す広告スタイルがよいです。購入直前のお客さまには、キーワード広告で検索結果の上位に表示させ、見つけてもらえることを優先にします。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績