アイデス(AIDEES)の法則

アイデス(AIDEES)の法則とは

フェースブックやブログなどSNSツールが最近発達しています。個人の情報発信の機会がそれらの道具により急激に増加しています。個人の情報発信が、口コミとして商品販売や売れ行きに大きな影響を与えるようになってきています。
この現象をアイデス(AIDEES)の法則と呼んでいます。注目、関心、欲求、記憶、購入・体験、顧客の心酔、 推奨の頭文字をつなげた表現になっています。注目から記憶までは、AIDMAの法則と同じ内容を表しています。特徴的なのは購入・体験からです。使ってみて、便利だとか、思っていたよりよかった、とか感動すると思わずFacebookやブログなどで個人の情報を発信してしまいます。それが口コミとして次から次へと広がり、顧客が生まれることになります。アイデス(AIDEES)の法則のすぐれた点です。

アイデス(AIDEES)の法則のお役立ち情報

アイデス(AIDEES)の法則は、個人情報から発信され、口コミから広がるので基本的に広告費がかかりません。販売者の広告と異なり、最初の消費者から次の消費者に、ダイレクトな素直な情報が伝わるため、一般的に信頼性も高く、広告宣伝費で得られる効果にプラスしてさらに売上が見込まれます。一度購入したお客様は自分の商品の評価が気になります。そこで商品のサイトを見て、サービスや評価するところを確認する傾向があります。良い評価だと満足し、さらに商品を継続して購入する循環に入ります。リピート客として定着することが多くなる理由です。広告の作り方や、お客様に対するフォローやアフターケアを含めて、アイデス(AIDEES)の法則を利用すると費用対効果もあがります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績