アイドカ(AIDCA)の法則

アイドカ(AIDCA)の法則とは

アイドカ(AIDCA)の法則とは、人が消費をするまでの心理的な流れを表した法則です。
まず、人は注目(Attention)します。次に興味を持ち(Interest)、そこからほしいという欲望を抱く(Desire)ようになり、最後に確信する(Conviction)のです。
この流れがアイドカ(AIDCA)の法則と言われます。これは商業的にとても重視されている法則で、いろいろなマーケティングでも注目されています。
もちろんWebマーケティングでもかなり注目されている方法です。特にECサイトの場合は様々な宣伝広告の方法がありますので、いかにいろいろな人の注目を集め、また活用するかがポイントになってくるのです。

アイドカ(AIDCA)の法則のお役立ち情報

このアイドカ(AIDCA)の法則は様々な活用方法として役に立つようになっています。
人を注目させるためにはどうしたらいいか、興味を持たせるためにはどうしたらいいか、欲しいと思わせるためにはどうしたらいいか、買おうと確信させるためにはどうしたらいいか。
このようなやり方には様々なテクニックがあります。最近は特に、買わせるだけではなく、そこから満足感を高める傾向があります。
ちなみに、これによく似ている法則も様々なものがあります。ただし、基本的なところはアイドカ(AIDCA)の法則とあまり変わりません。似たような法則によっては家庭が増えていますので、マーケティングを知りたいのならばぜひ学習してみるといいでしょう。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績