アイドマ(AIDMA)の法則

アイドマ(AIDMA)の法則とは

AIDMA(アイドマ)の法則とは、アメリカのローランド・ホールが提唱した、人間の消費行動の原理に関する仮説の事を指します。一般的に人間は広告などの媒体によって、Attention(注意)を引き付けられ、その内容に関しInterest(関心)をもちます。そしてそのものを手にしてみたいなどのDesire(欲求)が生まれ、Memory(記憶)することで、実際の購買などのAction(行動)を起こす、というプロセスについて提唱し、その頭文字を取ってアイドマ(AIDMA)の法則と呼んでいます。アイドマ(AIDMA)の法則に基づいて商品の販売戦略を立てることで効果的な宣伝、もしくは店頭陳列などに応用され商品の売り上げを伸ばすことができるとされているものです。

アイドマ(AIDMA)の法則のお役立ち情報

アイドマ(AIDMA)の法則に基づき、効果的な販売戦略を行い成功している例はたくさんあります。特に新商品発売の場合にはTVCMやダイレクトメール、Web広告などで大々的に宣伝を行い、その商品の発売を広く認知させることでAttention(注意)を引き付け、Interest(関心)を持たせることを目的とします。特に予告CMと言われる、発売予定の商品を全貌を明かさずに何月何日に発売、という方法を用いるケースも非常に増えています。その方法でAttention(注意)を引き付け、Interest(関心)を持たせ、その枯渇感を煽ることで当日の発売日までにDesire(欲求)とMemory(記憶)を十分に膨らませて発売当日に実際の購買などのAction(行動)を起こさせる手法もアイドマ(AIDMA)の法則の典型的な応用例といってよいでしょう。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績