アクセシビリティ (accessibility)

アクセシビリティ (accessibility)とは

一般的なウェブサイト作成の場合は、必ずアクセシビリティ (accessibility)に配慮する必要があります。このアクセシビリティ (accessibility)とは何かというと、そのサイトの利用しやすさの指標になることですが、特に高齢者やハンディキャップを持つ人に対してもどのようにアクセスしやすいかを表したものになります。
例えば目が悪い人の場合はサイトを読み取るソフトウェアを使うので、基本的に画像上にあるテキスト等は読み取れません。高齢者の場合は目が悪く文字が小さいのでは目に負担になってしまうのです。そのようなときにどのように配慮するか、どのような配慮を行うかによって、アクセシビリティ (accessibility)はかなり違ってきます。

アクセシビリティ (accessibility)のお役立ち情報

このアクセシビリティ (accessibility)における基本的な方法は以下の様なものです。
まずはフォントサイズの指定です。この場合はピクセル単位で指定してしまうと、ウェブブラウザが持つフォントサイズ変更に対応できないことがあります。また、それ以外でもフォントサイズを大きくするソフトウェアやWindowsの設定なども反映されず、結果的にかなり見づらいサイトになってしまうのです。
もう一つは画像のテキストの指定でしょう。これは何かというと、画像を使うときにオルト(alt)という値を指定できるのですが、そこに仮に目が見えなくても分かるような内容のテキストを設定しておくと、アクセシビリティ (accessibility)の向上につながります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績