アップセル(up sell)

アップセル(up sell)とは

アップセル(up sell)とは消費者が特定のカテゴリーの商品の購入を検討している時に、同一カテゴリー内でよりグレードの高い商品を勧めることによって顧客一人あたりの売り上げ高を上げようという販売戦略のことを指します。アップセル(up sell)において重要なのは押し売りのような方法ではなく、顧客満足度を損ねずにより高いグレードの製品を購入してもらうことにあります。家電量販店などにおけるパソコンの販売などでは消費者に実際にハイグレード品の使用感を確かめてもらうことができます。ソフトウェアなどではある製品にハイグレード品の体験版を期間限定で付け、アップグレードの機会を増やすなどといった方法でアップセル(up sell)を実現することができます。

アップセル(up sell)のお役立ち情報

アップセル(up sell)では消費者が納得したうえでハイグレードな製品を購入してもらうことが重要なので、いかにしてその魅力を伝えるかが重要です。車やパソコンなどでは数値化されている情報が多いため消費者にハイグレード品の価値が比較的よく伝わるはずです。しかし実際には数字を並べられても一般の消費者には理解しづらいものも多く、試してみなければわからないという要素は大きなものとなっています。特にウェブマーケティングや通販サイトにおいては消費者が商品を手に取るわけではないので試用を通じたアップセル(up sell)は難しくなっています。口コミやレビューなどを通じてハイグレード品が関心を集めることはありますが、あくまでも消費者主体で売り手にとっては消極的なものに過ぎません。したがってより高いグレードの製品で具体的に何が可能になるかというヴィジョンを顧客にいかに伝えるかが大切だと言えます。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績