アドエクスチェンジ(Ad Exchange)

アドエクスチェンジ(Ad Exchange)とは

アドエクスチェンジ(Ad Exchange)はアドネットワークの普及により生まれたWEBサイト上で展開する広告の新しい仕組みです。広告に関わる各媒体や各アドネットワークが所有している広告枠を交換できる仕組みをアドエクスチェンジ(Ad Exchange)と呼びます。
アドエクスチェンジ(Ad Exchange)はアドネットワークで使用されていた、「クリック課金」や「インプレッション課金」などの課金方法から、「入札方式のインプレッション型課金」で統一されています。広告枠を出すメディアを選ぶのではなく、どの単価で出稿するかが重視されてきています。ネットワークの単位とは違い、広告枠の単位で価格が決定されると言うことです。

アドエクスチェンジ(Ad Exchange)のお役立ち情報

アドエクスチェンジ(Ad Exchange)は株の入札システムのような方式を取り入れた、広告枠のオークションのようなものと考えることも出来ます。販売されている広告枠を一定のアドネットワーク企業が囲い込むのではなく、広告枠の販売を希望する人と、それを購入希望の人が直接自由に取引を行うことを基本としています。
アドエクスチェンジ(Ad Exchange)は価格も入札で決まるので、自由な価格設定が可能です。売り手は希望価格を提示し、買い手がその価格に見合うと判断すれば入札、もっと高い価格でもかまわないので、とにかく購入したいのであれば価格を上げる事が出来ます。
アドエクスチェンジ(Ad Exchange)はターゲットを絞った広告を展開することが可能です。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績