アドボカシー・マーケティング

アドボカシー・マーケティングとは

インターネット社会が発展するに連れて、情報や決済、そして信用などがネットワークでの展開を占めています。今や、パソコンやスマートフォンなどの端末が末端の顧客まで行き届いており、そうした中には、大切な情報、特に個人情報などの扱いには最大の注意を心がけなくてはなりません。アドボカシー・マーケティングその顧客に対する信用や支援、擁護、代弁など顧客の意向を最優先に考え、顧客本位を徹底的に行い、信頼を得ていくビジネスのマーケティングの行い方です。簡易情報はインターネットのページの中や、フェイスブックを初めとしたSNSなどの普及に伴って、簡単に得る事ができるしまた、コミュニケーションも同じく簡単に行えます。そうした中でビジネスパートナーや顧客とのやり取りがアドボカシー・マーケティングという考え方に伴ってビジネスを遂行していくことが長期的な信頼と利益の獲得に繋がるのです。

アドボカシー・マーケティングのお役立ち情報

アドボカシー・マーケティングは、SNSでの口コミや、末端顧客のニーズの多様化に対応していかなければなりません日本経済の成長時期に伴う、企業本位の時代から、顧客本位に変わってきました。ですから、インターネットビジネスによる物は特に言えますが、顧客との信頼関係を保っていかないと、長期的な目で見ると利益は生まれないという見方が主流になっています。しかし大手企業などでも、自社の目の前の売り上げや利益を追いかけるばかりで、なかなか優先すべき顧客の思いというのが優先されていません。そういう意味で、日本はアドボカシー・マーケティングの思想に対して遅れていると言わざるを得ません。情報化社会の中で企業競争の中で生きていくには、顧客との信頼関係を持ち、透明性のあるマーケティング戦略を行う必要があります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績