アムツール(AMTUL)の法則

アムツール(AMTUL)の法則とは

アムツール(AMTUL)の法則とは、消費者が物を買うかどうかどうか、すなわち購買決定に関し、長期的な目で見た時の消費者の購買決定の心理的な変化をモデル化し、いくつかの段階に分けたものです。この、アムツール(AMTUL)の法則で段階分けすることで、長期的観点において、顧客に対しどれだけマーケティング的アプローチができたかという点が指標として目に見える形となります。アムツール(AMTUL)の法則での段階を具体的に示すと、アムツール(AMTUL)のAはAware、まずは知ってもらうこと、次にMはMemory、覚えてもらうこと、そしてTはTrial、実際に試してもらうこと、さらにUで Usage、本格的に使ってもらい、最後にLでLoyalty、長期的に購入してもらえる固定客となること、という段階分けになっています。

アムツール(AMTUL)の法則のお役立ち情報

アムツール(AMTUL)の法則はマーケティングにおいて重要な考え方の1つと言えるでしょう。先に述べたアムツール(AMTUL)の法則は、消費者を最終的にL(Loyalty)の段階、つまりその商品のファンになってもらうためにはまずはその商品や販売している企業の事をA(Aware)つまり知ってもらう段階から始めなければいけません。そのためには、人脈づくりや広告、コマーシャルなどの手段があります。次にM(Memory)、斬新なデザインや目を引く色使い、頭に残るようなキャッチコピー等で覚えてもらいます。そしてT(Trial)、試供品や無料セミナー、モニターなどで実際に使用してもらい、好印象であればU( Usage)で購入者特典などをつけるなどして購入してもらい、本格的に使ってもらいます。そして最後にL(Loyalty)、気に入って長期で購入してもらえるよう、きめ細やかな対応やサポートなどを行います。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績