アンカリング(係留効果)

アンカリング(係留効果)とは

アンカリング(係留効果)とは、マーケティング業界の中では特に重要なものの一つとされているものです。
ではアンカリング(係留効果)とはどういうものなのかと言うと、これは「特定の情報・数値が顧客の記憶に残り、それによって判断に影響が及ぼされる心理のこと」として説明することができます。
もともとは行動経済学の分野で発見された心理作用ですが、では具体的にはどういったものなのかというと、例として挙げられるのが「特別価格」や「タイムセール」というようなものです。
10000円の商品が6000円に値引きされていたのであれば多くの人が購買意欲をそそられることとなりますが、これが最初から「6000円」として提示されており、かつ本来の価格を顧客が知らなかったのであればどうでしょうか。
多くの顧客は特に購買意欲をそそられることは無いでしょう。
これが「アンカリング(係留効果)」と呼ばれる作用なのです。

アンカリング(係留効果)のお役立ち情報

アンカリング(係留効果)は発見されてから現在まで長く活用されている作用です。
このアンカリング(係留効果)の効果は様々な研究者によって研究されており、その結果として幾つかの事実が見つかっています。
中でも特に面白いものとなるのが「情報によって顧客の価値評価が変化する」ということです。
事前に被験者に対して価格を伝えずに100円のボールペンを使ってもらい、後になってから「10000円のボールペンです」と伝えた場合と、「100円のボールペンです」と伝えた場合には、「10000円」と伝えたほうが、ボールペンに対して遥かに高い評価が伝えられることとなったのです。
実際には使用されたボールペンは100円の、全く同一のものだったわけですから、顧客は「特定の情報によって価値判断が変化する」という性質を持っていると考えることができるのです。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績