アーリーアダプター

アーリーアダプターとは

新しく商品やサービスを展開する場合には、速い段階においては一部のコアな客層が購入や会員になることになってきます。この早い段階でユーザーになってくれる層をアーリーアダプターと呼んでいます。アーリーアダプターがユーザーとして一通りの広がりをみせた後は、一般的な客層のユーザーへと広がりをみせる場合が多くなっています。新しい商品やサービスは多数派のユーザー数が増えてきた段階では、市場シェアを拡大していくことになります。しかし、商品やサービスの市場シェアを高める前段階では、初期の段階のアーリーアダプターの支持を得ることが重要です。アーリーアダプターの支持を得ることで商品やサービスの評判が高まり、その後の市場の拡大に直結することがあるからです。

アーリーアダプターのお役立ち情報

アーリーアダプターはアメリカの社会学者であるエベレット・M・ロジャーズが最初に使った言葉となっています。エベレット・M・ロジャーズは、まだ生活に普及していない新しい物などがどのようにして社会に伝播していくかの実証研究を行った結果、採用時期に合わせて客層を5つのカテゴリーに分類しました。5つのカテゴリーは採用時期の早い順にイノベーター、アーリーアダプター、アーリーマジョリティー、レイトマジョリティー、ラガードとなっています。よって、アーリーアダプターはイノベータ―に次いで2番目に早い客層です。3番目以降は多数を占める層となってくるために、まずはアーリーアダプターへの普及を目指すことが大事となっています。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績