イノベーター理論

イノベーター理論とは

イノベーター理論とは、1962年にスタンフォード大学で社会学の研究を行っていたエベレット・M・ロジャースが執筆したイノベーション普及学という本で提唱した理論のことになります。

この本で提唱されたイノベーター理論とは、新製品や新サービスなど市場浸透に関しての普及学の基礎理論のことで、消費者を商品の購入態度から新商品の購入が早い順番に五つのグループへと分類しました。

この5つのグループとは革新者、初期採用者、前期追随者、後期追随者、遅滞者の5つで、それぞれが独自の価値観で行動していきサービスや製品の採用を行うために、その独自の考え方と行動が商品の普及に関係すると考えられてのです。この5つの内の革新者のことをイノベーターと呼びます。

イノベーター理論のお役立ち情報

イノベーター理論の5つの革新者、初期採用者、前期追随者、後期追随者、遅滞者はそれぞれに独自の考え方と行動があるのですが、最初の革新者は全体の2.5%と非常に少ないタイプで、新商品などの新しいものに対して敏感で、導入にも積極的になります。

しかし一般の感覚とはずれている為、市場を大きく動かす力はありません。次に初期採用者はマーケティングにおいて最も重要なタイプで、革新者ほどではありませんが、流行に敏感で全体の13.5%が初期採用者に当たります。

前期追随者は新商品などを自分からは試さず、初期採用者の反応を見ることで行動をしていくタイプになります。後期追随者は全体の大多数が使用しているのを見てから試すタイプで、最後の遅滞者は最も保守的ですのでターゲットにするべきではないタイプになります。

イノベーター理論を理解することで、全部の層を狙うのではなく革新者から順番に落としてく方が良いことが分かります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績