イメージタグ

イメージタグ とは

イメージタグと言うのは、ホームページを作成する時のHTMLの中で記載されるタグで、画像を表示させるものです。
alt属性では、その画像がどのようなものなのかを文字で記述をします。
また、width属性、height属性では幅や高さを表します。
他にも、画像にボーダーを使うことも出来ますが、現在では、スタイルシートで指定されることが推奨されるようになって来ています。
そして、イメージタグからそのままリンクを張ることも出来ます。
当たり前のように今のホームページには、ほとんどと言っていいほどに、様々な写真やイラスト、アイコンなどが掲載されていますが、これも全てイメージタグで指定しているからこそ、きちんと表示されているのです。

イメージタグ のお役立ち情報

それほど浸透しているイメージタグですが、alt属性ではその画像がどんなものであるかを文字で示す必要があります。
何故かと言えば、アクセシビリティを意識しているためです。
視覚障がい者には、画像を見ることが出来ませんが、文字での説明があれば音声で読み上げてくれるので想像しやすくなります。
ブラウザを見ている人は、健常者だけではないと言う視点で様々な方であっても、そのホームページの情報を入手するのに困難にならないように、説明を付け加えておくことはとても重要なポイントです。
ですから、イメージタグを使う際には説明を補足することも、推奨しているのです。
単に見た目で画像が表示されているかどうかを確認するだけではなく、alt属性にも気を配りましょう。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績