インタースティシャル広告(Interstitial advertising)

インタースティシャル広告(Interstitial advertising)とは

ネット広告には、様々な種類や手法があります。
インタースティシャル広告(Interstitial advertising)は、コンテンツページとコンテンツページの移動の際に表示される広告です。
サイト閲覧者がページを移動する際に広告を挿入しておくことで、必ず広告を目に入る状態にすることが出来ます。
インタースティシャル広告(Interstitial advertising)は、バナー広告や動画広告が採用されることが多いです。
インタースティシャル広告(Interstitial advertising)を導入する際には、サイトユーザーがサイトの閲覧をしやすいように広告の挿入数のバランスを考えて行なう必要があります。

インタースティシャル広告(Interstitial advertising)のお役立ち情報

インタースティシャル広告(Interstitial advertising)のメリットは、必ずサイト利用者の目にするということです。
ニュースサイトなどでは、インタースティシャル広告(Interstitial advertising)を積極的に採用しています。
検索エンジンからニュースサイトの記事に移動する時に、インタースティシャル広告(Interstitial advertising)を挿入しているケースが多いです。
インタースティシャル広告(Interstitial advertising)は、1ページ余分にページを挿入しているので、サイト閲覧者にとってサイトの利用を不便にさせることも多々あります。
バランスを考えて、インタースティシャル広告(Interstitial advertising)を導入すると、広告効果が高まります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績