インターネット広告代理店

インターネット広告代理店 とは

広告代理店とは、広告枠を顧客に売り、手数料を得るという役割をしていますが、時代と共に役割は広告を制作し、企業の売り上げに貢献するという形になっています。
インターネット広告代理店とは、メディアの媒体が新聞・雑誌から、インターネット上に変わり、インターネット広告を専門に取り合う代理店のことです。
インターネット広告を出すには、媒体主であるメディアレップに依頼する方法と、インターネット広告代理店に相談する方法があります。
メディアレップが卸問屋とすれば、インターネット広告代理店は小売店といった位置づけに当たります。
どのような種類の広告を利用すれば効果的なのか、どのような媒体が効果的なのか、ネットビジネスを成功に導く為の提案力を持っていますので、相談すれば解決をしてくれます。

インターネット広告代理店 のお役立ち情報

インターネット広告といっても様々な広告があります。
バナー広告は画像をクリックをスリックすれば、別のサイトが紹介されますが、目立つ為に沢山のユーザーに見てもらえるために料金が高めです。
リスティング広告とは、検索窓にキーワードを入力すると、キーワードに対応された広告が表示されるといった広告手法です。
バナー広告に対して目立ちませんが、クリックに応じた課金方式ですので、費用対効果が期待されます。
バナー広告が大企業とすれば、リスティング広告は個人商店といった感じです。
インターネット広告代理店の役割は、顧客が推進したい事業について、予算に応じた費用でネットを活用することで、成功に導くことです。
具体的にはリサーチ分析とマーケティング活動をサポートすることが、インターネット広告代理店の役割となっています。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績