インプレッションシェア

インプレッションシェアとは

インプレッションシェアとは、実際に広告が表示された回数を、表示される機会があったと推定される回数で割って得られた数値をパーセントで表示したものをいいます。ユーザーが何らかのキーワードで検索したときに、そのキーワードと連動して表示されるタイプのリスティング広告では、広告主があらかじめ登録したキーワードによって検索された回数が、この表示される機会があった回数の推定値となります。インプレッションシェアを見れば、何らかの原因で機会がありながら広告が表示されなかった割合が明らかになりますので、広告の改善につながります。具体的に広告が表示されないケースとしては、予算額が低かった場合、広告ランクが低かった場合の2つが主に考えられます。

インプレッションシェアのお役立ち情報

インプレッションシェアを確認し、広告が表示されるべき機会を逃していたことが明らかとなった場合には、その理由に応じた対策を施すことが可能です。まず、表示される機会すべてに広告を表示した場合にかかる費用よりも、あらかじめ広告主が設定していた予算額が低かった場合には、当然ながら予算超過分は広告が表示されないことになりますが、これは単に予算額を増額すれば解消されることになります。次に、広告ランクが低いためにインプレッションシェアも低くなった場合についてですが、広告ランクは主に入札単価やウェブサイトの品質などによって決定されることから、入札単価を引き上げるか、サイトの品質スコアの改善を図るという対処法になります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績