ウェザーマーチャンダイジング

ウェザーマーチャンダイジングとは

ウェザーマーチャンダイジングとは、天候や気温の変化といった気象に関連したデータを商品の販売に生かすという手法のことをいいます。ウェザーマーチャンダイジングでは、気温が高くなると売れ筋となる商品のことを「昇温商品」、気温が低くなると売れ筋となる商品のことを「降温商品」として、まず商品をこの2つに分けるところからはじまります。代表的なものとして、昇温商品としては夏場の暑い盛りによく売れるビールやかき氷が、降温商品には冬場に体を温める鍋物などがあります。各企業においては、天候や気候によって、自社製品のなかでどのような商品が売れ、またどのような商品が売れないかといったデータを継続的に収集し、分析することによって、販売促進戦略に役立てています。

ウェザーマーチャンダイジングのお役立ち情報

暑い季節には涼しさをもたらす商品が売れ、寒い季節には温かい商品が売れるというのは直感的にも理解できるところであり、ウェザーマーチャンダイジングの基本ともいえます。しかしながら、ウェザーマーチャンダイジングの世界では、さらに詳細な商品の売れ行きと気温との関係がすでに知られているところです。例えば、春・夏の季節には、気温が19度になると半袖シャツやTシャツが売れ始め、20度になるとビール、アイスクリーム、クーラーが売れ始め、29度までになるとシャーベットや氷菓が売れ始める、といった具合です。秋・冬に気温が18度まで下がると、おでん商材やフリースが売れ始め、17度になるとレザージャケットが売れ始めます。さらに8度まで下がると湯たんぽが売れ始めます。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績