ウェブページからの離脱

ウェブページからの離脱 とは

ウェブページからの離脱とは、ウェブサイトの閲覧者が何らかの原因でブラウザを閉じたり、他のウェブサイトに移動するなどして、閲覧を止めてしまうことを言います。
閲覧者が必要としていた情報を訪問したウェブサイトから獲得した後の離脱であれば、そのウェブページからの離脱は理にかなったものなので問題ありません。
しかし、情報量が少なかったり内容が分かり辛い、動作が非常に重いなどの原因で、目的の情報が獲得できていないにも関わらず離脱してしまった場合、閲覧者とウェブサイトの管理者の両方が損害を被ることになります。
このような場合、ウェブサイトの管理者は潜在的な顧客を逃すことになるので、早急な対応と改善が必要になります。

ウェブページからの離脱 のお役立ち情報

閲覧者が目的の情報を獲得できていない状態でのウェブページからの離脱は、ウェブサイトの管理者にとっても閲覧者にとっても決して良いものではありません。
しかし、それはその段階では管理者側のウェブページに問題があると言う指標にもなるので、対応と改善を繰り返すことで将来的には多くの閲覧者を獲得することが出来るようになる可能性もあります。
閲覧者の早期離脱には、情報量が少ない、動作が重い、デザイン性が無いなどの様々な原因があります。
一度にその全てを改善するのは難しいですが、一つ一つ確実に対応することで、ライバルに負けないウェブページを完成させることが出来ます。
早期のウェブページからの離脱が頻繁に起きていても、それをチャンスに変えることも出来るのです。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績