ウェブページ

ウェブページ とは

ウェブページとはWWWシステムを用いて公開されている文書の事を指します。
文章や画像、動画を始めとした情報コンテンツとレイアウト情報などを内包した一つの文書をウェブページと言い、
それらの集まりをウェブサイトと定義しています。
ウェブサイトを実際の本そのものだとすると、ウェブページはその中の一ページだという位置づけとなります。
ページ間の移動はハイパーテキストを用いて行います。
一般的なウェブページはHTMLやXHTMLといったマークアップ言語で作成されますが、ブラウザごとの解釈に違いがありレイアウトが大きく崩れることがあるため、PDFなどを用いる場合があります。
特に万人向けに作成された企業のウェブサイトなどでは、そのパターンが顕著です。

ウェブページ のお役立ち情報

ウェブページとは、基本的に一方通行なコンテンツです。
管理人が作成したウェブページを、閲覧者が自由に見るといった一方通行の関係が多く、ニュースサイトなどはこれに当てはまります。
ですが、CGIやPHP、Javaなどの技術を利用することにより、インタラクティブなウェブページの作成が可能です。
特に顕著な例ですと、SNSやブログといったツール類が自動生成したページです。
管理者が自力で作成しておらず、プログラムが自動生成したコンテンツもウェブページとみなされます。
ウェブページは誰でも公開ができるものですが、こういった様々な技術と無限にあるレイアウトを組み合わせていくことによって個性あるページを作成することが可能です。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績