エリア・マーケティング

エリア・マーケティングとは

エリア・マーケティングとは、商品を単に販売するのではなく、消費者が生活をしている生活をして捉え直したマーケティング活動を展開することです。
マスマーケティングにおいては、単一製品を大量生産によって、安価に販売し、市場を一気に確保するといった手法が取られてきましたが、消費者が日常生活をしている地域においては、それぞれの長年の生活習慣が違いますので、価値観が違います。

関東の価値観で関西で販売しても、当然ながら関西のニーズに対応出来ませんので、その地域に対応できるマーケティング活動が必要となってきます。
エリア・マーケティングは全国を一律の大きな市場としてみるのではなく、都道府県・市町村・或いは複数の行政区域等で市場を細分化して捉えたマーケティング手法です。

エリア・マーケティングのお役立ち情報

エリアマーケティングとは、[郷に入れば郷に従え]で、地域の独自性・異質性を見極め販売する方法ですが、エリア・マーケティングを制する為には、商圏エリアの分析が必要になります。
この地域ならやっていけるだろうという曖昧な考え方は禁物です。
エリア・マーケティングで商圏を分析することが必要になります。
商圏とは、小売店舗・商店街・ショッピングセンター等他、歯科医院や個人営業事務所等の顧客吸引力の地理的・時間的なひろがりです。
商圏には、地域に住む人の生活行動に加え、店舗面積・道路事情・競合店存在など多くの要因が複雑に絡んでいます。
特に飲食店等の個人商店等や歯科医院にになりますと、商圏が限られてきますので、商圏を広げるためにはサービスや美味しさ等の付加価値が必要となってきます。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績