オズボーンのチェックリスト

オズボーンのチェックリストとは

オズボーンのチェックリストとは、ブレーンストーミングの考案者であるアレックス・F・オズボーンによる発想技法で、アイデアが浮かばないときに無理矢理アイデアをひねり出すために使うものです。オズボーンのチェックリストには主に「他に利用したらどうか」「アイデアを借りたらどうか」「大きくしたらどうか」「小さくしたらどうか」「変更したらどうか」「代用したらどうか」「入れ換えたらどうか」「反対にしたらどうか」「結合したらどうか」という9つの項目があり、テーマをこの項目1つ1つに照らし合わせて考察し、強制的に発想の転換を図ることが目的です。オズボーンのチェックリストを活用することで、アイデアを量産し、新製品やマーケティングなど様々な分野で応用することが可能になります。

オズボーンのチェックリストのお役立ち情報

オズボーンのチェックリストの考案者であるアレックス・F・オズボーンは1888年にニューヨークで生まれました。1909年に哲学士を取得し、広告代理店勤務中にハミルトン大学で修士課程を修了、教職などを経て、彼は1919年に後の米国大手広告会社BBDOとなる会社を設立します。また、クリエイティブ教育財団(CEF)という団体を設立し、独創的な思想や革新を推進する基盤として次の世代の育成にも力を注ぎました。オズボーンのチェックリストはアイデアの量産、思想の転換、アイデアが浮かばなくてもリストの項目と照らし合わせることで強制的に発想させる手段として、マーケティングや広告業界、企業の開発部門などで今日でも活用されています。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績