オープンソース(open source)

オープンソース(open source)とは

コンピューターで便利に使えるソフトウェアは、プログラマーによるプログラミングや様々なテストが行われて使える様になります。
ソフトウェアの動作を決めた設計図にあたる内容をソースと呼び、通常の販売されている製品で目にする事はまず無いのです。
ソースを入手出来れば実行可能な状態にする事は可能で、販売されているソフトウェア製品のソースを公開する理由は無いからです。
一方で販売目的では無いソフトウェアの場合は、ソースを共有する目的で公開されているオープンソース(open source)が有ります。
オープンソース(open source)は誰でも利用する事が出来て、ソースの不具合を指摘したり開発に参加する事も可能となるのです。

オープンソース(open source)のお役立ち情報

ソフトウェアには少なからず不具合であるバグが含まれ、時にはセキュリティに関係する大きな問題に繋がります。
公開前に十分なテストを行った場合で有っても、テストで発見されず後から見つかる事も有るのです。
オープンソース(open source)は設計図で有るソースを誰でも見る事が可能で、バグの発見や修正を行いやすいスタイルのやり方と言えます。
不正なプログラムを混入させようとしても他の誰かが変更や追加された点を見ている事で、不特定多数による管理と監視を期待する事が出来るのです。
シェアの大きいソフトウェアでもオープンソース(open source)による開発が行われ、様々なライセンスの元で世界的に公開され自由に使う事が可能となっています。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績