キャズム・深い溝(Chasm)

キャズム・深い溝(Chasm)とは

キャズム・深い溝(Chasm)とは、新たな商品や技術が市場投入段階では比較的受け入れられ始めるが、普及段階に至るまでに大変な努力と工夫を行い乗り越えなければならないという理論からその乗り越えられなければならない障壁を深い溝に例えた定義です。この理論はキャズム・深い溝(Chasm)理論として知られ、市場投入時の一定の割合までは比較的容易に到達するが、その先の普及段階に至るまでのキャズム・深い溝(Chasm)をどのようにして乗り越えるのか、また乗り越えるための手法を論じたものとして有名です。また、キャズム・深い溝(Chasm)を乗り越えた場合にはさらに加速度的に爆発的に普及していくという理論もあり、新商品の販売戦略を立案する上で重要なポイントとなります。

キャズム・深い溝(Chasm)のお役立ち情報

マーケティングの世界では、キャズム・深い溝(Chasm)理論はしばしば登場します。概ね、新商品投入の場合にそのキャズム・深い溝(Chasm)は13.5%のシェア前後で現れるとされ、そのキャズム・深い溝(Chasm)を超えないとヒット商品にはならず、そのまま衰退してゆく傾向があるとされています。
その為、新商品の販売戦略ではそのキャズム・深い溝(Chasm)をどのようにして超えていくのか、発売前から緻密な販売戦略がとられることが多いのです。
また、事前マーケティングで商品の嗜好に対して調査し、一定の消費者の支持が得られない場合には商品の発売を止め、商品の改良や新規の企画を行うなどの方針転換を行う場合も有り、商品開発の面でもキャズム・深い溝(Chasm)は重要視されています。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績