キャッシュページ

キャッシュページ とは

キャッシュページとはWeb上に存在するホームページにおけるバックアップのような存在で、検索エンジンロボットがWebページを巡回した際にデータを収集し、生成されるページのコピー情報が該当します。
該当のWebページが万が一にもサーバーエラーなどで閲覧できない時には、キャッシュページを参照とする事で一部機能に制限が加えられるものの、内容を見るといった使い方が可能になります。
しかし、検索エンジンロボットは定期的なキャッシュページの生成を行っている一方で、その処理にはある程度の間隔が空いてしまう特性を持つので、最後のデータ収集が行われた後にWebページの更新があった場合は、古い情報が表示されてしまうという欠点も存在します。

キャッシュページ のお役立ち情報

キャッシュページは自動的に検索エンジンロボットが情報を収集した結果として残るものであり、必ずしも古いWebサイトを完全な形で閲覧できる保証はない点に注意して扱う必要があります。
また、Webサーバー上にキャッシュページを残したくない状況においては、サイトの管理者がメタタグなどにキャッシュを拒否する為の記述を行っているパターンが想定され、Webサイトの閉鎖や更新に伴って求めている情報が一切見られなくなる可能性も生じます。
個人のブラウザ機能によって、端末内部にWebページ情報が保管されている場合もキャッシュの一種として扱われますが、こちらは表示速度の高速化を目的として保管されるデータとなるので、サーバー上のページ内容が変化すると同時に書き換えられる性質を持っています。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績