キャッシュ

キャッシュとは

IT関連の言葉には、キャッシュという言葉があります。これは、ホームページを閲覧する際に使用される、ブラウザにとっても縁が深いものです。キャッシュとは、インターネットにおいてホームページを見る際に、ホームページのデータはキャッシュとして保存されるということがあります。これによって、一度訪れたホームページはキャッシュに格納されたデータから読み出されるということになります。これにはどのような働きがあるかというと、ホームページを素早く表示させることができるということがあります。インターネット黎明期の通信速度が遅かった時代においては、ホームページを表示させるのにもストレスのたまるものであったため、この機能は非常に役に立っていたということがあるようです。

キャッシュのお役立ち情報

このブラウザにおけるキャッシュというものは、一時ファイルとも呼ばれています。これは、文字通り一時的にデータを保存しておくという役割のあるものだからです。キャッシュは、無限に保存されていくものではなく、データ量の上限が設定されているということがあります。キャッシュがデータ量の上限に達した場合、順次データが消されていくということがあります。
ちなみに、同じような働きをするものとして、キャッシュメモリーというものがあります。これは、パソコンにおけるデータなどを素早く取り出すことができるように一時的にデータを格納しておくという働きを持つものです。これは、現代のパソコンにおいては、どのパソコンにも付いているものです。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績