キャプチャー

キャプチャーとは

キャプチャーとは、ブラウザに表示されている静止画像や動画像を、データとしてファイルに保存することです。

特に、静止画を取り込むことは、スクリーンキャプチャーと呼ばれ、一方、動画を取り込むことがビデオキャプチャーと呼ばれています。

ソフトを使用しなくても、スクリーンキャプチャーは、Prt Scキーを操作することで簡単に画像データとして保存できますし、各種のソフトを使うとより詳細な設定をして保存できます。
ブラウザによっては、画像を保存できるアドオンを取り込んでおくことで、さらに簡単に保存が出来るものもあります。

いずれの方法にしても、キャプチャーをしておくことでメモ代わりにもなり手間もかからず保存できると言う利便性があります。

キャプチャーのお役立ち情報

このようにキャプチャーを利用すれば、ウェブページにある情報を文字や画像、動画まで保存することが出来るので、大変役立ちます。
ある目的を持って検索して見つかった情報であっても、その場で保存をしておかなければ、また更に探し直す手間がかかります。
そして、その情報も先々まで後悔し続けていると言う保証もありません。
今現在、探し出したウェブページを切りぬいておくには、キャプチャーが簡単に残せるので、効率よく保存できるのです。
素早く保存したい時なら、ソフトを活用する方が効率よく出来るでしょう。
現在では、画像データとして保存しているファイルでも、文字として検索する機能があるソフトもあるので、後々、探し出す際にも効率よく探し出せるようになりました。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績