クリック単価

クリック単価 とは

クリック単価とは1回のクリックを獲得するのにかかるコストのことで、インターネット広告などでは、アクセスを獲得するにあたり、有料施策を行うときには、以下の計算式を使うこととなります。

クリック単価の計算式はクリック単価=(投じたコスト)÷(獲得できたクリック数)で計算ができ、例えばポータルサイトに50万円のバナー広告を1カ月間出していたとします。

そしてその期間のクリック数が10万回だった場合には(コスト500000)÷(クリック数100000)=5となり、栗k就く単価は5円となるのです。

インターネット上で商品を販売するためには、まずはサイトにアクセスをしてくれることが最初となりますので、このクリック単価が重要な要素となるのです。

クリック単価 のお役立ち情報

クリック単価では広告1回のクリックに対しての費用の上限を設定することができます。このシステムを利用することでユーザ胃が関心を持ち、その情報を本当に知りたいと思った時に、実際にクリックをするとクリック単価が発生するということができるようになるのです。

このクリック単価の上限の適切な設定は、ビジネスの内容と売り上げ高に基づいて決定をしていきます。例えば50万円のダイヤモンドを販売している企業と100円のお菓子を販売している企業とでは、新規顧客 1人分の価値はダイヤモンドの販売をしている企業の方が高くなります。

このキーワードからどの程度クリック数が得られているのかという事と、ウェブサイトでビジネス上の成果につながっているかを確認していき、常に変化していくインターネットのトラフィックから定期的にクリック単価を再評価していくのです。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績