クリック課金型広告

クリック課金型広告 とは

インターネットでの広告方法に「クリック課金型広告」という方法があります。広告のリンクが1回クリックすると予め決められ多金額分が発生するシステムであり、広告がクリックされない限りはインターネット上に掲載されていても料金は発生しません。
枠掲載型やインプレッション保証型などは掲載だけで高額な広告費がかかる一方、広告にかかる費用対効果はそれほど大きくないのに対し、クリック課金型広告は興味のある人がクリックをする事が多い為、非常に費用対効果が高い広告方法と言えます。
クリック課金型広告は広告主にとって広告費を出来る限り抑えて、かつ興味のある人をホームページに来訪して誘導させたい人には向いている広告方法です。

クリック課金型広告 のお役立ち情報

クリック課金型広告は自身でホームページなどが存在し、広告を載せたいという際でも広告を募集する事ができます。しかし、厳しい審査があります。ホームページのアクセス数はどのくらいあるか、ホームページの内容が少ないページ数だと採用に至らないケースもあります。ホームページがそれなりに多いコンテンツがあり、充実した内容で多くの人が閲覧しているほど広告を目にする機会が多い事は当然で、検索にヒットする為にも人の興味を惹きやすいキーワードを多く揃えておく事も必要です。
クリック課金型広告で注意したい点は、自分自身でクリックすると良いのかという場合です。広告を掲載している企業からクリックしてさらに購入に至ると売り上げの何パーセントか報酬で貰える場合があり、中には「自分買い」も許されている所もありますが、基本的にはクリックして課金される事なので、自分でクリックする事は禁止としている所がおおいです。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績