クリティカルシンキング(Critical Thinking)

クリティカルシンキング(Critical Thinking)とは

クリティカルシンキング(Critical Thinking)とは、日本語で批判的思考とも言われますが、出来るだけ冷静に物事を判断するために今までの経験や予測を排して、正確で論理的に答えを導く考え方の事を指します。特にビジネスの世界ではとても重要な考え方で、マーケティングの結果を利用して戦略を建てる場合など、予想に反した結果になった場合でも過度の先入観を持たずに、目の前のデータを冷静に分析し新たな結果を導くことが必要です。クリティカルシンキング(Critical Thinking)は、多様化するビジネス社会においては、適正な解を導き出すための重要な考え方であり、また企業の指導者にとっては必要な考え方であると言えます。

クリティカルシンキング(Critical Thinking)のお役立ち情報

人間は一般的に、その経験値を高めることで成長し、また多くのことを先入観や経験で判断しようとします。しかし、刻々と変化する現代社会においては、経験や先入観は目の前の現象に対して非合理的な理由を求めたり、また何らかの作為があったと推測したりしてしまうものです。クリティカルシンキング(Critical Thinking)の考え方では、このような意識を無くして、論理的な根拠に基づいて考えていくことでその現象に添った新たな考え方を生み出します。
現代ビジネスの世界では、クリティカルシンキング(Critical Thinking)の学習はリーダーの必修科目とも言われています。クリティカルシンキング(Critical Thinking)の考え方を修得することで、変化の大きい現代ビジネスの中で、最良の選択を行えるようになるといっても過言ではないでしょう。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績