クロスセル (cross-sell)

クロスセル (cross-sell)とは

私たちは日常的に購買活動を行っています。この購買意欲をうまく高める事によって、さらに商品を購入させることができるのです。ひとつの商品を購入した消費者に対して、別の関連商品もすすめる機能をクロスセル (cross-sell)とよんでいます。これによって、購入する可能性が高い商品を消費者に教えることができるのです。クロスセル (cross-sell)を活用しているのがインターネット上の店舗です。ひとつの商品を購入した場合には、購入完了した場面に関連商品が出てくることがあります。
例えば、自転車を購入した場合にはライトや鍵が関連商品として表示されます。自転車に必要なものを表示することで、購買する可能性が高くなるのです。

クロスセル (cross-sell)のお役立ち情報

クロスセル (cross-sell)を用いることによって、企業はさらに売上を伸ばすことができます。通常であれば、商品は分類分けされています。そのなかでもタグがつけられており、関連するタグの商品が関連商品として表示されます。消費者の購買に関する関心があるものを的確に知ることができれば、さらに購入をしてくれる可能性が高くなります。
また、大きなネット通販の会社の場合にはクロスセル (cross-sell)を導入することで売上を上げることができるでしょう。関連度の高い商品を紹介することによって、消費者の購買意欲を促進させるのです。さらに細かいニーズまで拾い上げることができるように改良されれば、さらに売上はあがるでしょう。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績