クロスメディア

クロスメディア とは

クロスメディアとは、印刷物・映像・Webサイトなど様々なメディアを併用して情報を発信する方法のことで、主に製品やサービスの宣伝活動として利用されることの多いものです。
チラシやパンフレットなどにWebサイトのURLやQRコードを掲載したり、テレビコマーシャルで検索ワードを紹介するなどの工夫を凝らすことで、より情報量の多いWebサイトへと誘導する仕組みを作る方法がよく用いられています。
似たような意味合いを持つ言葉としてメディアミックスという用語が挙げられますが、必要に応じて複数のメディアを組み合わせるメディアミックスに対し、クロスメディアはそれぞれのメディアが単体で情報を発信するのではなく、お互いの特徴を補い合いながら一つの情報を的確に伝える役割を持っています。

クロスメディア のお役立ち情報

クロスメディアは、一つのメディアに接した人が自主的に別のメディアに接することで成り立つ宣伝方法だと言えます。
例えば、新聞や雑誌、折り込み広告などの印刷物にWebサイトのURLやQRコードが掲載されていれば、興味を持った人は印刷物というメディアをきっかけにWebサイトにアクセスします。Webサイトでは印刷物よりもさらに詳しい情報が紹介されているため、購買意欲が高まった閲覧者は、実際に店舗へ来店するなどの行動を起こします。
クロスメディアを有効に活用するには、このような一連の流れをある程度想定した上で戦略を立てる必要があるわけです。そのためには、印刷物のレイアウトを工夫したり、Webサイトの内容を充実させるなど、それぞれのメディアの持つ役割を重視しなければなりません。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績