クープマン目標値

クープマン目標値とは

クープマン目標値とは、マーケットシェアと市場でのポジションを関連付けたクープマン理論により算出された、目標管理としての占拠率とそのシンボル数値のことを言います。戦争における戦術をモデルに考案されたランチェスターの法則を基に、クープマン目標値はランチェスター戦略で用いられる市場地位を表し、市場プレーヤーである企業が獲得すべきマーケットシェアの目安となる値を表しています。クープマン目標値を見ることで、企業の商品やサービスの市場占有率、市場シェア、マーケットシェアの割合から次の戦略に移るタイミングやサイン、動向などを先読みすることが可能となり、戦場での戦いで戦力と消耗量、物資の供給などがどのように行われているかを分析して戦略を立てるように、市場シェア管理に利用することができます。

クープマン目標値のお役立ち情報

クープマン目標値の名前の由来となったバーナード・クープマンは1900年にフランスで生まれました。1915年に一家がアメリカに移住するまではフランスとイタリアで育ちました。クープマンはコロンビア大学で学び、数学者になり、ランチェスターの法則を基にクープマン目標値という法則を考案します。以後、クープマン目標値は市場でのポジションの意味付け、目標管理としての占拠率とそのシンボル数値として、企業が競争戦略を実行したr、低シェアで争う大多数の企業が自分の位置づけをする基準や目標値として、マーケティングや市場シェア戦略を練る上で重要な役割を果たすようになりました。クープマン目標値を読み取ることで、市場シェア、マーケットシェア、市場占有率の数字が語る意味を理解し、効果的なマーケティング戦略を立てることが可能になります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績