グループウェア (Groupware)

グループウェア (Groupware)とは

グループウェア (Groupware)は、 コラボレーティブ・ソフトウエア(Collaborative software)とも呼ばれ、主に企業の組織の内部で使われるイントラネットネットワークを利用して、情報を共有したり発信したりするシステムのことです。
それぞれが使用しているコンピューターをネットワークに接続し、そのユーザー間で情報の発信を行うと、関係する多くの仲間に簡単かつ同時に連絡することが可能となります。この特性を生かして、スケジュール管理を共有したり、回覧したい書類などを電子的に配信することができるため、タイムラグも無く情報を行き渡らせることが可能になっています。
また、グループウェア (Groupware)は電子的なスケジュール管理や掲示板といった便利な機能が一つのシステムに統合されていて使いやすく工夫されているのも特徴です。

グループウェア (Groupware)のお役立ち情報

グループウェア (Groupware)では、さまざまな機能が統合され、かつ統一されたインターフェースをウェブブラウザで見たり発信したりできるため、そのシステム内ではパソコンさえあればどこからでもアクセスすることができます。
その中に組み込まれている機能として、電子メール、電子掲示板(BBS)、情報ファイルである仕様書や議事録、画像データ、スケジュール管理、ワークフローと呼ばれる電子承認や決済、会議室の予約といった機能が盛り込まれているのが一般的です。
グループウェア (Groupware)で共有する範囲は個人や組織の判断で一定のメンバーにのみ公開したり、逆に全員に公開するなどできるため、従来は紙や運用の手段など人が手作業で行ってきた作業を、パソコンから簡単に利用することができます。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績