コピーページ

コピーページ とは

ウェブサイトの全体、もしくは特定のページの内容を丸ごとそのままコピーし、別のアドレスで公開することをコピーページといいます。
コピーページは自分自身で作成することはもちろんのこと、他人が無断で作成をすることもあります。
このコピーページを、コピー元のオリジナルページと同時に公開していると、検索エンジンがそれらページをコピーページとみなし、検索順位を大幅に落とす恐れがあります。
たとえ検索順位を落とされなくても、コピーページの方がオリジナルページよりも検索結果で上位表示されてしまうケースもあり、ウェブサイトを運営する上で、非常に厄介な存在になります。
アクセスを上げるためには、常にチェックを怠らないことが肝心です。

コピーページ のお役立ち情報

コピーページ対策をするには、まず自分自身で作成したケースですと、ウェブサイトを作成中に利用していた、他のページと全く同じ内容のテスト用ページの削除を忘れ、そのまま公開してしまっている場合もあります。
ウェブサイトが完成し公開をする時には、事前にこのようなテストページは削除しておくか、アップロードをしないように注意しましょう。
しかし、他者がコピーページを公開している場合には、解決するのが大変です。
相手のページがコピーページであることを証明するために、オリジナルページの記録と、コピーページをウェブアーカイブやWEB魚拓を利用して、証拠をとっておくことをお勧めします。
また、検索エンジンの会社に報告をしておくことも大切です。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績