コンテンツ・イズ・キング

コンテンツ・イズ・キングとは

コンテンツ・イズ・キングとは、日本語に直訳すると「コンテンツは王様」という意味です。SEO(検索エンジン最適化)の世界で使われる言葉で、SEOのためにはなによりもコンテンツ(ウェブサイトの中身)が大事だ、という考えを指します。SEOには外部リンクを購入したり自作する方法もありますが、そうした外部施策に頼るのではなく、良質なコンテンツを作成することで、本質的なSEOを行いましょう、というのがコンテンツ・イズ・キングの概念です。ただし、良いコンテンツを作れば必ず上位表示できたり、アクセス数を集められるのか、といえば現実にはそうではないことも少なくありません。そのためコンテンツ・イズ・キングという考え方は現実的でない、という指摘もあります。

コンテンツ・イズ・キングのお役立ち情報

そもそもコンテンツ・イズ・キングという考え方は、検索エンジン大手のグーグルが採用している考え方です。同社の理念は良いコンテンツを上位表示させる、というものなので、グーグルやそれを採用しているヤフージャパンでSEOを行う際には、コンテンツ・イズ・キングという概念を無視することはできません。ただし、グーグルはウェブページを評価する際に、被リンクを重視します。そして、よいコンテンツが必ずしも被リンクを集めるわけではないので、実際にはコンテンツ制作よりも外部SEO対策に力を入れたサイトのほうが上位表示されることも少なくありません。そもそも良質なコンテンツとはなにか、ということは人間ですら判断することが難しいものなので、コンテンツ・イズ・キングとはいっても、実際にはキングになれないこともあるのです。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績