コードスワッピング

コードスワッピング とは

コードスワッピングとは、検索結果として表示されているウェブサイトと、実際にユーザがアクセスしたウェブサイトとが異なることを指します。スパム行為の一つだと言えるでしょう。何らかのSEO対策を施して、検索上位に表示されるページを作成し、そしてそれとは別のページに誘導すると言った方法が用いられるようになりました。悪質なものでは、ウイルスなどの脅威のあるページに誘導して感染させるといった手法も用いられるようになったのです。現在の検索エンジンでは検出が可能ですから被害は小さくなっていますが、かつてはこれによってウイルスに感染してしまうといった被害が生じたこともあります。そのため、コードスワッピングはスパム行為と見なされることが多いです。

コードスワッピング のお役立ち情報

SEO対策を行うときには、コードスワッピングと見なされないように注意しなければなりません。検索エンジンはコードスワッピングの施されたページをスパムとして認識することが多いですから、SEO対策としては逆効果です。ペナルティとして検索順位が低下すると言ったことが行われる事が多いですし、最悪の場合には有害サイトと認識されてしまうこともあります。このようになってしまうと、検索エンジンから新規のアクセスを集める事は非常に難しくなると言わざるを得ないでしょう。最悪の場合にはアクセスがあるていどはあったとしても、ドメインを放棄しなければならなくなることもありますから注意が必要です。現在のSEO対策では、コードスワッピングはしてはいけないものの一つとされているのです。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績