コールドコール

コールドコールとは

コールドコール、これはテレマーケティング業界でなんのつながりもこれまでの関わりもない相手に電話でセールスをアプローチすることをいいます。それ以外の業種でも営業で展示会を開いたりセミナーを開いたりして名刺交換をして手に入れた顧客リストを使って、特にこれまでの関係性など関係なしに飛び込み営業をして電話で声を掛けることがありますが、この時もコールドコールと呼びます。相手のニーズなどは無視した手法で、場当たり的に行われる商法によるアプローチとなりますので、コールドコールのコールドはコール、呼び出しという意味ではなくて、冷たいという意味でのコールドがつけられています。アポが取れたとしても成果があまり期待できない手法でもあります。

コールドコールのお役立ち情報

コールドコールを実施する際は、どのようなケースなのかといえば、自社に見込み客のリストがなかった場合に行うことが多いでしょう。他社で実施する場合もひっくるめて電話で伝える内容、そしてトークスクリプトはちゃんと用意する必要があり、アポイントメントが取れて営業をすることになった場合には電話を下ときとギャップが生まれないようにしなければいけません。近頃消費者も個人情報に対しては警戒を強めているので、コールドコールを実施した場合にその情報をどこで手に入れたのかと問い詰められるケースもありますので、プライバシーへの配慮はした上で行わなければ失敗してしまう可能性が高いでしょう。リスクがあるのに営業成果はそれほどありません。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績