サイト滞在時間

サイト滞在時間とは

サイト滞在時間は、一人のユーザがそのwebサイトを閲覧している時間を表します。サイト滞在時間はWebサイトを用いてビジネスを行う場合に、非常に重要な意味を持っており、最近ではWebサイトの評価を表す指標にもなっています。一般的にサイト滞在時間が長いWebページは有益な情報が記載されていると評価され、そのアクセス数も増える傾向にあるためWebサイトでビジネスを行う企業では特に重要視されています。サイト滞在時間を延ばすことで、Webページに記載された内容を十分にユーザに伝えることができるとともに、ビジネスを行う場合には効果的な顧客の商品への誘導なども期待できるため、現在では検索エンジンでの上位表示に並び重要視されています。

サイト滞在時間のお役立ち情報

サイト滞在時間を重要視する傾向は最近特に高まっています。以前は検索エンジンでの上位表示を行うことが顧客の目に触れ、アクセス数を増やす方法とされていましたが、アクセス数は多くても実際にWebサイトの内容を閲覧しているユーザは少なく、その効果はあまり期待できないことが判明しています。一方サイト滞在時間はそのサイトの内容を閲覧している時間を示していることから、長くサイトに滞在できる有益な情報があると思われサイトの人気が高まるのです。
以前は検索エンジンでの上位表示が非常に重要視されてきました。その為SEO対策に力を入れる傾向が強かったのですが、最近ではサイト滞在時間を延ばすためにSEO対策に合わせWebサイトの内容を工夫する傾向が多くなっています。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績