シックスシグマ(Six Sigma)

シックスシグマ(Six Sigma)とは

シックスシグマ(Six Sigma)とは製造業などで主に使用されている方法です。この方法は工場などで製品を製造するときに、できるだけ不良品を作らないようにして生産を行うために用いられています。この方法では100万回の製品の製造作業を行った中で、およそ3個か4個ほどの不良品にすることが具体的な目標とされています。シックスシグマ(Six Sigma)は1980年代に開発されたものです。この方法は日本の国外で開発されたものですが、この方法が開発された元になったことの中に、日本で行われていたQCサークル活動があるとされています。このようなものを参考にして、さらに統計学の手法を取り入れて開発されたものです。

シックスシグマ(Six Sigma)のお役立ち情報

シックスシグマ(Six Sigma)で重要にされていることとして、ばらつきのある現象を見つけ出して、それに適切に対応していくということがあります。これはばらつきのあるような事象のばらつき自体を抑えることを目的としています。ばらつきを抑えることでより後続の作業に与える影響をできるだけ少なくすることができます。このシックスシグマ(Six Sigma)をするためには、専門の資格を持った人間により行われます。この資格を持っている人のことを、ブラックベルトと呼んでいます。このブラックベルトという名称は柔道の有段者に与えられる黒い帯のことからつけられています。このブラックベルトを補佐する役目の人はグリーンベルトといいます。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績