ジオターゲティング(Geotargeting)

ジオターゲティング(Geotargeting)とは

ジオターゲティング(Geotargeting)とは、ウェブサイトにアクセスしてきた人の地理上の現在位置を特定する技術のことをいいます。この位置の特定には、接続しているプロバイダのIPアドレスといった、インターネット上で取り交わされる情報が用いられています。このようなジオターゲティング(Geotargeting)で追跡できる範囲としては、アクセスしてきた人が現在いる国や地方といったおおまかな情報から、市町村や大字単位までの詳細な情報まで存在していますが、いずれにしてもこうした地理情報を活用して、ユーザーの居住地域に展開する店舗やサービスの情報を重点的にウェブ広告として表示するなどといった応用が可能となります。

ジオターゲティング(Geotargeting)のお役立ち情報

ジオターゲティング(Geotargeting)でユーザーがいる現在地が把握できることになれば、例えばその地域にある食堂やレストランなどといった施設の広告を個人ごとにウェブサイト上に表示することが可能になります。特に、ウェブサイトにアクセスしてきたのが居住地を離れて観光地を旅行中のユーザーであったような場合には、不案内な土地ですので情報の希少性が高く、広告をもとに実際にそのレストランを訪れるといった行動も期待しやすくなります。このように、ジオターゲティング(Geotargeting)により得られたユーザーの地理情報とウェブ広告とを連動させてマーケティングを行うしくみは「ロケーションベースマーケティング」とよばれています。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績