スカイスクレイパー(Skyscraper)

スカイスクレイパー(Skyscraper)とは

スカイスクレイパー(Skyscraper)とは、インターネットの広告のひとつである、バナー広告の一種です。通常のバナー広告よりもサイズが縦に長いのが特徴です。ホームページやブログなどに設置し、webマーケティング、アフェリエイトなどで重要視されています。スカイスクレイパー(Skyscraper)にはさまざまなサイズのものがあり、使うサイトやブログ、用途によってサイズを変えて使用します。スカイスクレイパー(Skyscraper)は、他のバナー広告よりも誘目性にとても優れているので、webマーケティングを重視するブログやホームページを開設する際には、積極的に利用することを考えてみると良いでしょう。

スカイスクレイパー(Skyscraper)のお役立ち情報

通常サイズのスカイスクレイパー(Skyscraper)は、120×600ピクセルです。これは、ブログの横などに設置されることが多いです。また、それよりも少しサイズが大きいワイドスカイスクレイパーがあり、これは160×600ピクセルです。さらに大きい、ハーフページスクレイパーというものも存在し、こちらは300×600ピクセルです。
スカイスクレイパー(Skyscraper)は、通常のバナー広告に比べて、人目を引きやすいという特徴があります。なので、広告収入がより期待できるという点があります。webマーケティングをする際で、スカイスクレイパー(Skyscraper)は、重要視するもののひとつと言うことができるでしょう。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績