スタグフレーション

スタグフレーションとは

「スタグフレーション」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。「インフレーション」「デフレーション」は有名ですが、スタグフレーションになると意味を知らない人も多いかもしれません。スタグフレーションとは、停滞を意味するスタグネーションと、物価上昇を意味するインフレーションを組み合わせた言葉で、景気後退局面にありながらモノ不足によってインフレが発生することを意味します。通常、景気後退局面では供給過剰の状態になって、物価は下落しデフレが発生します。しかし戦争・紛争などが発生すると景気後退局面でも生活必需品が不足し、モノ不足が発生します。モノが不足すれば物価が上昇し、インフレが発生します。これがスタグフレーションです。

スタグフレーションのお役立ち情報

過去の日本経済では1970年代の石油危機のときに、石油価格高騰によって物価が上昇し、一方で生産能力は縮小したため景気が後退し、スタグフレーションが発生しました。それ以降日本経済では発生していませんが、これからも発生しないと言い切れるでしょうか。近年の日本経済は停滞局面にあり、経済はデフレ傾向にありました。しかし2014年4月に行われた消費税の増税の影響や、円安によって製造業の利益が減少しつつあることを考えると、今後物価が上昇局面に入ることも考えられます。しかし、円安はエネルギー資源の輸入コストを上昇させるため、景気が後退する可能性もあるのです。つまり、今後インフレと景気後退が同時に発生することは充分に考えられることなのです。スタグフレーションを過去の出来事と考えるのではなく、これからも発生しうることなのだと考えておくことが重要でしょう。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績