ストループ効果

ストループ効果とは

ストループ効果とは、写真と写真の意味のように、目にする情報同士が干渉しあうことを指します。たとえば、自転車の写真を見せて自転車の説明を表示する場合と、他の写真を見せて自転車の説明をする場合とでは、自転車の写真が有る方が理解が早く、また良く理解されるといった例があります。このように写真や絵、色など視覚的な要素を文章と上手に併用することで理解を促し、記憶を深めることができるのです。ストループ効果は、Webページにおける表現でも良く利用され、インターネットショッピングなどでは強調したい部分の写真を説明文の中に挿入したり、もしくは商品の写真を効果的に文章の位置に並べることで商品の特徴が良く理解されるといった効果があります。

ストループ効果のお役立ち情報

インターネットショッピングなどで効果的に商品の特徴をアピールし購買に結びつけるには、商品の良さを直感的に理解してもらうことが大切です。その為、ストループ効果を用いて紹介することでその特徴を説明する方法は良く利用されます。
ストループ効果の利用例としては、Webページ上では写真や図と文章を結びつける形での利用が良く行われています。商品の特長となる部分の写真を拡大して掲載し、商品の説明を加えることでその写真と文章が結びつきその写真の特長が潜在的に顧客の中に刷り込まれ理解が深まります。その為商品に対する理解が高まり、購買意欲を高める効果があるとされています。また、例えば清潔感をコンセプトとするブランドの説明をする場合にはその清潔感を表す図や写真を文章に加えることで、よりブランドのイメージを強く印象付けるなどの形で利用されています。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績