セカンドレベルドメイン

セカンドレベルドメイン とは

サイト運営において必ず決めなければならないのがURLです。よく住所に例えられることが多いですが、このURLには必ず最後に.comや.jpといったドメインがつきます。これはトップレベルドメインと呼ばれており、私たちも料金を払えば、自分の好きなドメインを持つことが可能です。ただし、トップレベルドメインの中には、政府機関や研究機関といった、特定の機関や企業しか使用できないドメインもあります。また、セカンドレベルドメインは自由に決めることができますが、既にほかの誰かに取得されている場合、使用することができない場合もあります。セカンドレベルドメインをサイトに合わせて変えることによって、URLが分かりやすくなります。

セカンドレベルドメイン のお役立ち情報

ドメインを独自のものにするメリットはどこにあるのでしょうか。無料サイトを利用すればすぐにサイトをネットに公開することができるのは便利なのですが、URLを見てみると、利用している会社の社名が入っていることが多く、長く運用していくとなると変えていく必要があります。たとえば、日本で人気の無料ブログサービスはサイバーエージェントが運営している「アメーバブログ」ですが、そのURLには「ameblo」という文字が必ず入ります。そのため、独自ドメインを取得したいと思う人もいます。ドメイン取得では、セカンドレベルドメインを自由に選ぶことができるため、サイトのタイトルや自分の名前をセカンドレベルドメインとして登録して使っていることが多いようです。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績