セグメンテーション (segmentation)

セグメンテーション (segmentation)とは

セグメンテーション (segmentation)とは細分化のことで、特にマーケティングにおいて市場を細分化して自社にとって有利な市場を見つけ、そこに経営資源を投入する手法のことを指します。例えば自動車を販売する際に、乗用車を売るのかトラックを売るのか、価格帯は安いものか高いものかなど、市場をいろいろ分けることができます。そして自社にとって有利なセグメント(固まり)を発見したら、それに合わせた商品の開発や仕入れ、営業、広告出稿などを行うことで、効率的な事業活動を行うことができます。従業員の数や資金などに応じて自社が戦うための市場を選別するために、セグメンテーション (segmentation)は役立ちます。

セグメンテーション (segmentation)のお役立ち情報

特に中小企業の場合、経営資源というものは限られており、大きな市場で戦うのは現実的ではありません。そこで、選択と集中を行ってそこにだけ経営資源を投入することで、有利な事業活動を行う、というのがセグメンテーションの目的です。ウェブマーケティングにおいても、例えばSEOでビッグキーワードでの上位表示を狙うのは、資源と時間が必要ですし、成功しない可能性も高いです。そこで、商品購入者の客層を分析して、その人達にとってニーズがあるニッチなキーワードで上位表示を目指す、というほうが効率的です。これはセグメンテーション (segmentation)をウェブマーケティングに応用した例といえます。リスティング広告出稿についてもセグメンテーション (segmentation)による戦略を取れば、入札単価を抑えて効率的な出稿ができます。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績