セッション

セッション とは

セッションは、サイトにアクセスした者が一つのブラウザにおいて連続して行った行動を表す単位のことです。
30分以上行動を起こさなかった場合には、同一のセッションとせずに、別のセッションとしてカウントされます。
逆に、一旦通信が途切れて、30分以内に行動を復帰した場合には、同一のセッションとして扱われます。
セッション毎にユーザーの行動を把握することで、検索エンジン運営会社などから提供されるツールでユーザーの行動分析を行なって、マーケティングに活かすことが可能です。
ユーザーの行動は、Webサイト毎に特徴が出ており、どのページがよく閲覧されているのかなどを調べることで、検索されやすいキーワードやどこから該当ページに来たのかなどを把握することが出来ます。

セッション のお役立ち情報

ネットユーザーのセッション毎の行動分析によって、オンラインショップなどのECサイトをネットユーザーが使いやすく、関心を持ちやすく修正することが可能になってきます。
キーワードは、検索ボリュームを調べていくことでよく検索されている物を発見することが出来ます。
セッション当たりの閲覧ページ数などを分析していくと、サイトにおけるネットユーザーの滞在時間などを把握することが可能です。
セッションと合わせて表示される数字としては、ページビュー数や直帰率や平均サイト滞在時間などがあります。
Webマーケティングでは、セッション数は重要な指数の一つであり、アクセス数を確保出来ているかどうかを把握することが可能です。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績